カテゴリー別アーカイブ: 移住

【県南ツアー2日目】宮崎アドベンチャークルーズ〜日南市周遊〜

宮崎アドベンチャークルーズ2日目は、日南市を周遊しました。

DS2_1002

 

東京の大雪とは打って変わって、宮崎は雲ひとつない晴天でした!

DS2_1016

 

宮崎アドベンチャークルーズ2日目は、日南市南郷町の「栄松(さかえまつ)ビーチ」という所でシュノーケリング体験を行いました!

DS2_1004

今回、シュノーケリング体験のインストラクターをしてくれるのが、宮崎市内でダイビングなどのマリンスポーツのインストラクターを努める、「ナイスダイブ」の田中智史さん。実は田中さんも千葉からの移住者なんです!

DS2_1038

 

準備体操を終えて、船で5分程の離れ小島にへ。色鮮やかな魚が集まる「絶景ポイント」があり、そちらへ船で向かいます!わくわくですね!

DS2_1028

到着後は、インストラクターの方にレクチャーを受けながら、準備万端の人から順番に水に入って行きます^^

DS2_1032

準備万端ですね!シュノーケリング体験の様子は写真だとわかりにくいので、詳しくはコチラの動画をご覧下さい^^

シュノーケリング動画(準備中)

photo2 (3)

シュノーケリング体験の後は、ビーチで記念撮影です!日南市南郷の海は透明度が抜群で、最高ですね!

2時間ほど体験を楽しんだ後は、城下町としても有名な、日南市の飫肥(おび)へと向かいました。

DS2_1105

飫肥(おび)城の大手門の写真です!日南市飫肥(おび)はかつて城下町として栄えた歴史があり、現在でも城跡が残っていたり、街には城下町としての名残が今もまだ、残っています。

DS2_1114

 

DS2_1092

駐車場に車を止めた後は、昼食会場である、ギャラリーこだまにて日南市のご当地グルメ「日南一本釣りカツオ炙り重」を味わいます!

DS2_1051

 

日南一本釣りカツオ炙り重」の説明をしてくださるのは、日南市の飫肥(おび)でカフェ&ギャラリーを営んでいる、小玉幸太郎オーナー。飫肥(おび)周辺の歴史の話も交えながら、「カツオ炙り課重」の説明をして下さりました!

DS2_1099

日南市はカツオの「一本釣りカツオ」の水揚げがナンバーワンの街なのです。炙ってよし、そのままもよしの新鮮なカツオは絶品です!!

DSC_6369

参加者の皆さんも大満足で、「ごはんのおかわり」をされている人がたくさんいました!

DS2_1100

炙ったカツオを、お茶漬けにして楽しむ事もできます♩♫

DS2_1108

日南市飫肥の城下町を「食べ歩き まちあるき」を行い、飫肥の町を散策しました。

_MG_2480

2日目の宿泊地は、日南市北郷(きたごう)町にある蜂の巣キャンプ場」。蜂の巣キャンプ場では、日南市を中心に活動する地域団体の方々や、日南市移住者の会の方々や市役所の移住担当の方に参加して頂き、交流会を開催しました!

_MG_2394

まずは、日南市の移住担当の方による「移住政策」の発表。
_MG_2368

日南市は県内でも特に、移住政策に力を入れていて、担当者の方の説明をみなさん熱心に聞いていました。

_MG_2405

続いて、日南市でダチョウ農園を営んでいる、「Orstrich Hajime(おーすとりっち はじめ)」の古谷一紀さんにも、地元のために活発な活動を行っている1人として、取組発表をして頂きました。
_MG_2428

古谷さんに、卵をご用意して頂きました!ダチョウの卵は大きいです!
_MG_2492

その卵を、今回のバスドライバーでもあり、板前さんでもある松尾さんに調理して頂きました!

_MG_2498ふんわりしていていますね!ダチョウの卵は栄養価が高く、鶏卵アレルギーの方も安心して食べられるそうです!

DSC_6401

DSC_6400

2人の事例発表が終了した後は、そのまま交流会を行いました^^日南市の地域の方、移住者の方、ツアー参加者の方々がお互いに積極的に地域の事や、移住関係の情報交換を熱心にされている姿がとても印象的でした!
_MG_2458 最後は、全員で記念撮影をしました!夜はまだまだ続きます!笑

 

【2月ツアー】羽田発!宮崎アドベンチャークルーズ〜感動体験周遊記〜

スクリーンショット 2014-03-26 15.15.05

みなさん、ご無沙汰しております!BRING株式会社の観光コーディネーター、山下昌志と申します♩♪時の流れは早いもので、前回開催した宮崎アウトドアクルーズからは約3ヶ月、新宿で開催しました「宮崎移住シンポジウムin新宿みやこんじょ2」からは2ヶ月経ちました。

宮崎県の『平成25年度体験型移住交流推進事業』を受託し、

■関東近辺に在住
■宮崎県に興味のある方

を対象に2泊3日の移住交流バスツアー、

羽田発!宮崎アドベンチャークルーズ〜感動体験周遊記〜

を開催しました。従来の観光ツアーとは違った切り口で、宮崎県内各地の地域に根ざして活動する方々や移住者、そして宮崎ならではの自然体験を満喫してもらう事で、宮崎の人や自然と繋がるきっかけづくりを目的としたツアーとなっています。

平成25月年10月に開催し、大好評を頂いた第1回県北地域の周遊ツアーの第2段である『羽田発!宮崎アドベンチャークルーズ』の様子を、写真を交えながらこちらのMedelマガジンから発信してゆきたいと思います!

 

『羽田発!宮崎アドベンチャークルーズ〜感動体験周遊記〜』スケジュール

1日目(2月8日) 串間市・日南市
・天然記念物の馬と猿の生態観察
・地域団体との交流会

1日目の様子はこちら

2日目(2月9日) 日南市
・シュノーケリング体験
・ご当地グルメ(日南市一本釣りカツオ炙り重)の堪能

 

2日目の様子はこちら

3日目(2月10日) 都城市近辺
・霧島神宮参拝
・乗馬体験

3日目の様子はこちら

こちらの移住カテゴリでは、宮崎県の移住に関する情報を発信してゆきますので、宮崎にご興味のある方の参考になれば、幸いです!^^

 

【県南ツアー1日目】宮崎アドベンチャークルーズ〜串間市・日南市周遊〜

スクリーンショット 2014-03-26 15.15.05

3日間で宮崎県南部を周遊する、移住交流バスツアーその名も『宮崎アドベンチャークルーズ〜感動体験周遊記〜』!10月実施ツアーと同様、今回も3日間という短い間ですが、各地の人々との心の交流をメインに考え、内容が盛りだくさんとなりました^^

DS2_0848

今回のお客様は、関東近辺(東京・神奈川・千葉・埼玉)在住の20代〜70代の幅広い年齢層の方々です。

宮崎に興味のある人から、具体的な移住先を探している方まで、色々な目的を持った20名の参加者が宮崎にやってきました。

photo1 (5)

スタッフであるわたくし山下が、参加者の引率のため前日から東京入りしていたのですが、2月上旬の東京は例年になく寒く、大雪の警報が出ていました。。。一時は遅延や欠航を心配したのですが、各方面の飛行機の欠航が相次ぐ中、なんとか羽田発→宮崎行きは無事宮崎へ向けて出発する事ができました!良かった^^

DS2_1002

約1時間半程のフライトを終え、無事宮崎空港へ。天気は東京とうってかわって、快晴! さすが、南国宮崎ですね。

1日目の最初の目的地は「串間市市木(いちき)地区」にある幸島(こうじま)に向かい、特別天然記念物の「幸島の猿」の生態観察を行う予定でしたが、波が高く、あえなく断念。

DSC_6185

 

DS2_0761

一路、美味しいいちごを求めて「日南市北郷」にある「南いちご農園」さんへ向かいました。

DS2_0747

日南市の北郷で「南いちご農園」を営む南浩二さんは、大分県からの移住者でもあり、移住の話を交えながら、日南市の紹介や、いちご農園を始めるに至った経緯などをお話頂きました。

DS2_0743

参加者の皆さんも、南さんのお話に熱心に耳を傾けていて、苺に関しての質問やなども活発にされていました。

DS2_0767

南いちご農園さんで栽培されているのは、「さがほのか」と呼ばれる品種です。色鮮やかで、表面がみずみずしいですね!

DS2_0761

DS2_0768

参加者の皆さんも、お喋りをしながらいちご狩りを楽しんでいらっしゃいました^^

DS2_0759

いちご狩りを充分に堪能した跡は、串間市の市木地区へ向け、出発。

DS2_0830

30分程バスを走らせると、串間市の市木(いちき)地区へ到着。こちらの海岸は、「日本の渚100選」に選ばれる程の美しさです。

DS2_0836

そしてこちらが「幸島(こうじま)」。周囲が約4kmの無人島で、現在は約80頭の野生猿か暮らしています。

DS2_0821

1日目の昼食は、その幸島の目の前にある「Happy Island Drive-in」にて串間市のご当地グルメ「マヒマヒバーガー」をみんなで頂きました!

マヒマヒバーガー

「マヒマヒバーガー」とは、日南・串間でよく穫れる「シイラ」のフライのフィッシュバーガーの事で、ハワイの方々はこの魚の事を「マヒマヒ」と呼んで、好んで食べられているそうです^^日本でいうと「タイ」くらいめでたいお魚だと言われています!

DS2_0812

料理の説明をしてくださるのは、「Happy Island Drive-in(ハッピーアイランドドライブイン)」店長の、久志果奈子(くしかなこ)さん。久志さんも、関東からの移住者で、移住に至った経緯や、宮崎の素晴らしさなどをお話してくださりました。

DSC_6195

かつて営業していた「幸島(こうじま)ドライブイン」を古民家風に改装し、「日本のハワイ」とも呼ばれる串間市の市木(いちき)地区にマッチした店内となっています。

DSC_6196

DS2_0830

食事後は、幸島ドライブインから歩いてすぐの所にある、幸島前の砂浜へ。

DS2_0836

正面に見える大きな島が、幸島です。

DS2_0848

幸島に渡れなかった事は残念ですが、また次回へのお楽しみという事で、全員で記念写真を撮りました!

DSC_6233

幸島ドライブインでの昼食を終えたあとは、串間市のもう1つの天然記念物である「都井岬の野生馬」の生態観察をするため、一路都井岬へと向かいました。

DSC_6230

今回、都井岬の「御崎馬」の生態解説ガイドを努めるのが、自治体職員でもあり、「馬研究家」でもある秋田優(あきたまさる)氏。

DS2_0902

県外からの移住者でもある秋田さんは、学生時代に都井岬の馬に惚れ込み、串間市へ移住されたという経緯があります!

DS2_0879

秋田さんは、都井岬で馬の保護活動や、地域も盛り上げる為の活動を行っています。都井岬で独自に繁殖されてきた「御崎馬」の
生態を、参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。

DSC_6281

馬を間近で観察する事が初めての方も多く、皆さん興味津々^^

DSC_6287
その後、「都井岬ビジターセンター」へ向かいました。屋内には都井岬の馬に関する展示がしてあり、こちらも秋田さんが詳しく教えてくださりました。

DSC_6318

都井岬で「御崎馬」の生態を観察した後は、1日目の宿泊地である「くしま温泉いこいの里」へ。「いこいの里」では、串間市で活動する地域団体「新くしま人応援隊」「串間移住者ネットワーク」、「NPO法人Rainbow Tree(レインボーツリー)」そして「串間市役所」の移住担当の方々にご出席頂きました。

DS2_0927

はじめに、串間市役所の移住担当である小玉さんに、串間市の概要や移住の取組、資料のご提供をして頂きました。

DSC_6296

続いて、串間移住者ネットワーク会長の島田さんです。「ゆうゆう田舎暮らし」という串間市に移住された方々が生活しやすい環境をつくるために、串間市の移食住に関するガイドブックを作られました!

DSC_6301

そして、新くしま人応援隊の古屋さん。移住情報のサポートや、移住後のアフターケアなどに取り組まれています。

DSC_6304

最後に、東京からの移住者でもある、「NPO法人Rainbow Tree(レインボーツリー)」の桜井求さんに、「事例発表」として移住の経緯や、NPOでの取組をお話頂きました。

DS2_0946

DS2_0965

DS2_0968

「移住者」「地元の方」「関東からの参加者の方」色々な方面の方々が交流し、活発に意見の交換をされていました。

以上、1日目のレポートでした!

2日目は、日南市の周遊です。

宮崎アドベンチャークルーズ2日目へ続きます!

【1日目の感動体験案内団体ご紹介(敬称略)】

■NPO法人Rainbow Tree(レインボーツリー) http://rainbowtree.info/

串間市の市木(いちき)地区を中心に活動し、ソーシャルビジネスとう手法を用いて、地域課題の解決や地域振興(カフェの運営)などに取り組んでいます。

■秋田優さん http://kushima-city.jp/toi/visitor/index.html

都井岬の馬に惚れ込み移住。自治体職員を努める傍ら、後進ガイドの育成、馬の保護活動、地域振興の為の取組を行っています。

■くしま温泉いこいの里 http://kushima-spa.com/

串間温泉は泉質が良く、「美人の湯」とも言われ地元の方々の憩いの場となっています。

 

 

 

 

 

 

 

【アフターツアー in TOKYO】新宿にて移住シンポジウムを開催してきました!

IMG_0091

平成25年12月12日に、「宮崎アウトドアクルーズ〜感動体験周遊記〜(平成25年の10月19〜21日にかけて開催)」のアフターツアーを開催してきました!

IMG_0079

今回は、宮崎アウトドアクルーズに参加してくださった、新宿の歌舞伎町で宮崎料理のお店「みやこんじょ」を経営されている廣底政信さんにも「みやこんじょ2」を貸切でご提供してくださりました。ありがとうございます!

宮崎アウトドアクルーズでは、宮崎の人や自然、地域に触れる事で宮崎を好きになってもらうきっかけづくり、地元の方々との繋がりづくりに重点を置きました。

1度きりのツアーで「地域の方々との繋がり」「参加者同士の繋がり」を終わらせてゆくのでは無く、参加者の皆さんが帰郷してからも「宮崎について考える場」づくりをして行きたいと思い、開催しました。

IMG_0070

 

今回は、「宮崎アウトドアクルーズ」の参加者に加えて、宮崎県東京事務所さん、宮崎県物産貿易振興センター(KONNE)さん、NPO法人ふるさと回帰支援センターさん、宮崎への移住に興味のある一般のお客様総勢18名にご参加頂きました。

会の中では、宮崎アウトドアクルーズの目的(①移住促進②交流③観光④地域活性化)を説明し、

宮崎アウトドアクルーズの3日間を撮影したまとめムービーの上映を行いました!

動画の観賞後は、宮崎の郷土料理「地鶏の炭火焼」「チキン南蛮」を楽しみながら、参加者同士が宮崎についての情報交換等を行っていました^^

IMG_0085

 

IMG_0089

2時間の貸切タイムだったのですが、宮崎に関する話題や、参加者同士がとっても仲良くなり盛り上がった事で、みやこんじょオーナーの廣底政信さんのご好意により30分延長して頂きました!ありがとうございます^^

IMG_0091

宮崎にゆかりのある方や、東京出身の方等、様々な背景を持った者同士が交流出来た事により宮崎移住について考える、よい機会になったと思います。
移住の更なる促進には「場」づくりが大事であると更に強く感じました。今後のこのような場づくりに尽力して行きたいと思います。

参加者の皆様、ご協力頂きました皆様、ありがとうございました!

 

 

 

【県北ツアー2日目】宮崎アウトドアクルーズ〜高千穂町・五ヶ瀬町・西米良村〜

宮崎アウトドアクルーズの2日目は、高千穂町・五ヶ瀬町・西米良村を周遊します。

天岩戸神社_001

五ヶ瀬町の農家民泊を満喫した参加者のご一行は、2日目の午前中はスピリチュアルスポットとしても有名な高千穂町の天岩戸神社へ向かいました。

天岩戸神社_009

あいにくの雨ですが、木々の間を滴り落ちる雨がより一層、神秘さを増して、幻想的な雰囲気をつくりあげていました。

天岩戸神社_019

 

天岩戸神社_067

神話好きな参加者の方もいらっしゃり、神社のガイドさんの話に熱心に耳を傾けていました。西本宮の社務所にて受付を済ませ、天岩戸遥拝所(ようはいじょ)※お参りする所 へ向かいます。

天岩戸神社_128

天岩戸神社_110

天岩戸神社を参拝した後は、そこから歩いて10分程の所にある『天安河原(あまのやすがわら)』へと向かいました。ここは、天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸地区にお隠れになった際、八百万(やおよろず)の神がここに集まり、会議した場所だという言い伝えがあります。

天岩戸神社_114

積み石に成功すると、願いが叶うと言われていて、無数に積まれた石が神秘的かつ幻想的な雰囲気を一層引き立てています。

天岩戸神社_110

積み石にトライしてみたり、深呼吸をしてみてたり、思い思いに天安河原での散策を楽しんでいました。

五ヶ瀬自然学校_071

天岩戸神社でスピリチュアルなパワーを感じた後は、五ヶ瀬町にて『NPO法人五ヶ瀬自然学校』を運営されている杉田英治さん率いるアウトドアチームの受け入れのもと、カヌー体験を行いました。

五ヶ瀬自然学校_068

 

、、、とその前に、五ヶ瀬自然学校特製の本格インドカレー&無農薬栽培にて収穫した『ゆうかげ紅茶』で腹ごしらえです。腹が減ってはなんとやらですね!

五ヶ瀬自然学校_063

お米にカレー、そしてサラダにまでも徹底してこだわり抜いて作られている、五ヶ瀬町の恵が生み出した『特製インドカレー』

五ヶ瀬自然学校_111

腹ごしらえを済ませた後は県境をまたぎ、熊本県上益城郡山都町(やまとちょう)にある蘇陽峡(そようきょう)にてカヌー体験。九州のグランドキャニオンと形容されるほど雄大な景色の中でカヌー体験を満喫します。

五ヶ瀬自然学校_086

代表の英治さんに、カヌーの操縦方法をレクチャーしてもらった後は、思い思いに楽しんでいました。約半数の方がカヌー初体験というメンバーでしたが、今回の皆さんはコツをつかむのがとても早く、思い思いにカヌーを楽しんでいました!

五ヶ瀬自然学校_146

五ヶ瀬自然学校_120

五ヶ瀬自然学校_160

 

滝の前まで行ってみたり、

五ヶ瀬自然学校_226

ご覧の通り、水の透明度がとても高いのです!関東の方でも、ここまで透明度の高い川は無い、と参加者の方も驚いていました。

五ヶ瀬自然学校_221

最後は、少し上流に上がった所の対岸の河原にて、記念撮影!皆さんのまぶしい笑顔が印象的ですね!

五ヶ瀬自然学校_269

今回受け入れを担当してくれたNPO法人五ヶ瀬自然学校の皆さんです!感動的な自然体験を提供してくれました!ありがとうございました!

五ヶ瀬自然学校_043

九州の秘境でカヌーを堪能した後は、五ヶ瀬町を後にし、2日目の最終目的地、西米良村(にしめらそん)へ。

西米良温泉ゆた~と_144

2日目の宿泊地は『西米良温泉ゆた〜と』です。

西米良温泉ゆた~と_014

2日目は西米良サーモンをはじめとした郷土料理を楽しみながら、西米良村に代々伝わる民話(むかしばなし)を披露する『西米良村語り部の会』のみなさんとの交流を楽しみました。

西米良温泉ゆた~と_089

途中で全員参加型のゲームを交えながら、終始和やかな雰囲気で地元の方々との交流を深めていました。

西米良温泉ゆた~と_060

西米良温泉ゆた~と_084


西米良村に400程伝えられているといわれる民話(むかしばなし)の中でも3つ、歌や身振りなどを交えながら披露して頂きました。

西米良温泉ゆた~と_020

 

参加者同士の交流も増え、この後も夜遅くまで交流会は続くのでした(笑)

西米良温泉ゆた~と_130

今回、民話披露をしてくださったのは、西米良村語り部の会のみなさんです!西米良村に限らず、九州各地で民話の披露をされているようです。

西米良温泉ゆた~と_067

参加者同士も打ち解け始め、都会の暮らしと、宮崎の暮らしの違いの話だったり、各自の故郷の話をお互いに話したり、心の交流も深めていました。

2日目の夜はまだまだ続く。。。(3日目へ)

【2日目の感動体験案内人の紹介(敬称略)】

■NPO法人五ヶ瀬自然学校 http://www.gokase.org/
五ヶ瀬ならではの自然を活かした体験プログラムの提供を通し て、「本当の豊かさとは何か?」自然・人・文化・食と触れ合 う体験型プログラムが充実しています。

■西米良村語り部の会 http://www.nishimera.jp/modules/contents_kanko/index.php/10/ 02.html
西米良村は民話(昔話)の宝庫とも言われ、古くからたくさんの民話が口頭伝承で伝わっています。民話を通した地域づくりにも取り組んでいます。